ウツボグサ




シソ科ウツボグサ属
花穂を矢を入れる『うつぼ』に見立てた。夏に枯れるので「夏枯草(カコソウ)」の別名も。
薬草。花穂にプルネリンを含有。8月初旬に褐色になり始めた花穂を摘み取り日干しにし薬用に。夏枯草として腎炎などに使用される。日当たりの良い草原や道端に自生している。紫色の花穂は群がると美しい。



戻る
24535 -1950