キンミズヒキ




バラ科キンミズヒキ属
細長い花の付き方をタデ科のミズヒキ(花は上から見ると赤色)にたとえた。本種は黄色の花です。ミズヒキは下から見ると白く見える。紅白なので『水引』と見立てこれに似て黄色なのでキンミズヒキとなった。
水引は進物用の包み紙を結ぶのに使う紙糸のことです。全草を竜牙草とよび下痢・湿疹などに薬効を発揮する薬草である。



戻る

24656 -2183