ウメ




バラ科サクラ属
薬樹です。5?6月ごろ、黄熟する直前の青い果実を採取し、燻製にしてから乾燥したものを烏梅(うば い)と言う。
漢方では烏梅を解熱、下痢止め、咳止めなどの目的で処方される。
下痢に梅肉エキス。梅酒は滋養強壮や暑気あたりに効果があると言われている。未熟な果実は青酸が含 有されているので生食は禁物である。
材は床柱、クシ、ソロバンの珠などに利用される。



戻る

24660 -1979